ハンバーグ

久しぶりに息子とハンバーグを作ることにしました。お手伝いが好きな年頃なのか、何でも僕がする僕がするとやってくれます。時間に余裕があるときはなるべくしてもらうのですが、急いでいるときに言われるとちょっと困ってしまうこともあります。今回は時間があったのでハンバーグを作るのを手伝ってもらいました。私が他の食事の準備をしている間に、ハンバーグのお肉やパン粉をコネコネと練ってもらう仕事を息子が担当することになりました。嬉しそうにコネコネする姿は何ともいえません。手の温度が高いのかお肉が溶け始める程にコネコネが進んでいました。「もういいよ!ありがとう!」と言ってもなかなか具材を返してくれません。これがこまったちゃんなところですが、今度はハンバーグを小さく形どる仕事をしてもらうから。と言うとすぐに返してくれました。そして息子と一緒に作ったさまざまな形のハンバーグはなんだか妙に美味しく感じました。これからもお手伝いが好きな息子には様々なミッションを与えていきたいと思います。

妹からのリクエスト

もうすぐ久しぶりに妹のところに遊びに行く予定があります。1年ぶりぐらいに会うのでさすがに手ぶらで帰るわけにはいかないですよね。そこで、妹に何かお土産としてプレゼントを買っていってあげたいなと思い悩んでいたのですが、いつものようになかなか決まらずにいました。時間がもったいないし、そうこうしている間に会う日になってしまいそうだったので、思い切って妹に電話をして「何か欲しいものある?」と単刀直入に聞くことにしました。身内とか、仲の良い友達の場合本人のリクエストを聞くのが結局一番なんですよね。特に女性って欲しい物をもらえないと不満に思う度合いが案外高いんです。そうすると妹の好きな最中のリクエストが帰ってきました。確かに以前プレゼントしたときに絶賛でした。その最中がまた食べたい!という意見でした。その上なんといつもお世話になっている近所の知り合いの人の分まで買ってきて欲しいというではありませんか。ちょっと図々しいと思ってしまう心の狭い自分がいました。聞くとその知り合いの人に以前最中をおすそ分けしたらその方も絶賛だっということでした。その産地でしか作っていないオリジナル最中のように、和菓子や洋菓子、食品のプレゼントは結構喜んでもらえます。遠方の知り合いや身内の方へのプレゼントに最適なアイテムになりそうです。

コンテンツ

トピックス

サムスンショック 日本に余波

女優・小島聖、離婚していた

竹内まりや名曲 ドラマ主題歌

hideさんボカロで最後の新曲

ピン子級 相武紗季のいびり芸